2013年12月アーカイブ

2013年12月31日

小説『鬼と人と』のレビュー

ウン年ぶりに再読しました。 そしてあらためてこの本は素晴らしいと感じました。 「信長と光秀」 信長の甲斐の国侵攻から本能寺の変までの出来事を、二人の独白を繰り返すという形式で物語は進みます。 常識の枠にとらわれない信長と常識の中で最善を尽くそうとする光秀 移り行く時の流れを二人の視線からとらえ、お互いの解釈のしかた考え方を語らせてゆきます。 二人の歯車がうまくかみ合っている間は、物事が問題なく進みますが、やがて徐々に歯車がずれてゆき... それにしてもせっかく自分の常識を打ち破ろうとした光秀の最後の一言は常識的すぎて悲しい感じがしてしまいました。

映画『オリバー・ツイスト』の感想

救貧院の理不尽な厳しさを逃れ、自らの生きる道を探して、ひとり旅立ったオリバー少年。 たどりついたロンドンで、飢えと疲労で倒れているところを、少年スリ団に救われる。 そこで生きていくために悪徳の道への手ほどきをうける。 そんなある日、とある裕福な老人のハンカチを盗もうとしたことで、彼の人生が大きく変わろうとしてゆく... とにかく、美しく穢れのないオリバー少年が輝いてみえます。 そして彼を取り巻く少年や大人たちも、悪事を働いていてもどこか憎むことができない。そんな人々です。 映画を見終えたときに「ああよかった」と、思える素敵な映画です。

2013年12月29日

小顔

小顔は永遠の憧れです。 ところで、ヘアスタイルで顔の印象の80%が決まるという説があります。 そうだとしたら、今のヘアスタイルとくに顔まわりのカットは問題だと思うのです。 今行っている美容院は、カラーは結構持ちもいいし、気に入っています。 しかし、カット、小顔ことに顔まわりのカットは不満です。 以前通っていた美容院は、行ったら如実に小顔になっていました。ですから、帰りがけは女優気分でした。 ところが、今の美容院は帰りがけにどこか寄りたいという気にならないことが多いのです。 帰って自分でセットを修正したこともありました。 なんとか小顔になるようなカット、お願いします。

お昼から雪?

お昼から弱雨のマークですが、雪混じりという予報です。 美容院に予約を入れようかどうしようか昨日の夜から迷っています。 というのは、明日にかけて大きく天気が崩れるとのことで、一旦雨が降り出すと上がりそうにないからです。 また、担当の美容師さんは、明日以降は予約がいっぱいで、今日の午後からのわずかな時間しか予約が取れないようなのです。 今日を逃したら、美容院は年明けまで我慢しなければなりません。 既に伸びてきた髪が気になるし、微妙なのです。 もっとも、年末で混み合っている美容院で、雑に扱われても困ります。 まだ迷っています。

2013年12月28日

またしても気管支炎、、、

風邪をひくとテキメンに気管支がやられる長女。弟たちの鼻風邪が彼女にまわっちゃったと思ったら、今回も気管支炎を発症。熱はなかなか下がらないし、喉に痰がからんで咳き込んで苦しそうだし、眠たいのに咳で起きちゃうし、ほんと可哀想。できることなら代わってあげたい、って前回も思ったなぁ、なんて思い出しながら夜中に背中をさする。抗生剤が早く効いて、気管を広げるお薬や背中に貼るテープが効いてくれるのを祈るばかり。聞けば、私の姉も姉の子供も気管支炎によくなってたらしい。そんな体質似なくていいのに!今のところすやすやと眠れているけれど、眠りが浅くなったらまたゲホゲホ始まっちゃうのかなぁ。早く彼女に(ついでに私にも)安眠が訪れますように!

2013年12月27日

図書館の夢をよく見るきがする

"私が割りと本が好きだからかも知れませんけど、どうも図書館が夢に出てくることが多い気がします。 最近はそんなに図書館に行ってもいないのですけどね。 しかし夢のなかで見た本というのは、アドバイス的な意味合いがあるケースも多いようです。 といっても普段は本が出てくるとはいえ、本の内容が印象的なことってあんまりないんですけどね。 でも今日の夢は本の内容も少し印象に残っています。 確か小公女ハイジとかいうタイトルだったような。 でもハイジは普通に少女ハイジだったような気がするのですけどね。 まあ夢なので、結構いい加減なのでしょうけど。"

2013年12月26日

クリスマスそれはケーキ

じんぐーるべーる、じんぐーるべーる、くっりすっますっ! という訳でクリスマスケーキ買ってきましたー! 毎年白いクリームにイチゴののった普通のケーキだったのですが、今年は私の好みと独断でちょっと変わったケーキにしました。それはサークルKサンクスの抹茶ケーキ詳しい名前は忘れたです! 忘れたって味には影響ないのさー。クリスマスの意義は! ホールケーキを買うことにある! クリスマスは白いケーキでしょという意見には反論しますが別にクリスマスじゃなくともいいじゃないかという意見には同調します。本当は毎月ホールケーキ食べたいです。あいにく今日は家族がそろわなかったので、明日食べる予定です。ううー、楽しみだー。

お酒のおつまみ

"お酒のおつまみが好きだ。 選ぶのも作るのも食べるのも好きだ。 作ると場合も、なるべく手間はかけない。 せいぜい豆腐にネギとごま油とか、その程度のものだ。 基本的には食後の話。 おいしいお酒はガブガブ飲むともったいない(それはそれで楽しくはあるのだが)。 じわりじっくりと時間をかけて飲むのもいいものだ。 お酒をじんわり楽しみながら、合間につまみを一口。 うーん、たまりません。 きょうはジャガイモを用意した。 ジャガイモをふかして、合わせるのはバターと明太子。 じゃがバターも、明太子バターもどちらもビールが進みます。 ちょっと贅沢にジャガ明太バターも。 うーん、こいつは焼酎も合うかも。 ほろ酔い気分でぼーっととりとめもないことを考えつつ飲む。 これもつまみをつまみながらの楽しみだ。

2013年12月25日

半年が過ぎました

ウクレレを習い始めて半年が過ぎました。 月に2回、1時間半の個人レッスンは大変ではあるけど楽しくもあります。 この半年でウクレレも1本増えました。弦の交換も自分でできるようになり、ネットなんかでレビュー等を見ながら次はどの弦にしようかなと考えています。 弦によって音が違うのはもちろんですが色も違います。 黒・白・クリアなんかが多いと思いますが世の中にはレインボーなどと呼ばれている弦があるそうです。 もちろんウクレレは4弦までしかないので7色というわけにはいきませんが4つの弦が各色違うというようになるそうです。 使ってみたい気持ちはありますが目立ちすぎると良くないかも、なんて思います。

2013年12月24日

おともだち

社会人になってから友達との時間が減ってきているなと感じる。 さみしいけど、それは仕方のないこと。 みんな家事や育児や仕事に忙しくって 学生時代がすごく楽しかったなぁと振り返って思う。 なかでも高校生の時はすごく充実していて 授業はそれなりでとにかく友達に会いたくて学校に行ってた。 手紙交換したり、流行りの音楽を聴いたり、彼氏の話をしたり。 放課後はコンビニで買いこんだお菓子を広げて勉強してるふりをしながら教室に残ってた。 何時間も一緒にいるのに まだまだ話足りなくて 帰宅してからもメールのやり取り。 そんな友達、わたしも含めてみんなお母さんになったんだよね。

2013年12月23日

手作りパーティ

友人が転勤で引っ越すというので送別会をすることにしました。 公民館の部屋を借り、友人はサプライズで呼んでくることにしました。 料理やプレゼントの段取りが終わったところで、飾り付けを何かしようということになったんですが困りました。 普段手作りのパーティなんかをしないので、こういうときどんな飾りを作るのか分からなくて...。 結局、折り紙を細長く切ってつなげる輪飾りを作ることにしました。 みんなではさみとセロテープを持ち寄ってちまちまと輪飾りを作るのは子ども時代に還ったみたいで楽しかったです。 サプライズパーティを友人は楽しんでくれました。 お店でやるのもいいですけど、手作りの持ち寄りパーティもいいものですね。

2013年12月22日

麻雀のすすめ

私の趣味は、麻雀。そう言うと聞こえは悪いけれど、実は麻雀は頭のスポーツ。ぼけ防止には最適です。一度打ってみるとわかるのですが、今まで使っていなかった脳みその部位が、ぐるぐる動き出すのを実感できます。あの感覚は、他にたとえようがありません。どうやら、麻雀をすると、脳の中心部にある海馬という部分の血流が盛んになるそうです。海馬が活発にはたらいているということは、ぼけ防止には重要なことらしく、最近ではお年寄り対象に、麻雀を勧める地域が増えてきています。最初にルールなどを覚えるのが面倒...と言われることが多いですが、ルールくらい、頭があるんだから覚えましょうよ!楽しい世界が待っていますよ。

2013年12月21日

めんたい天ぷら

近くのスーパーに久しぶりに、めんたい天ぷらが入っていました。 これは夏に買ったらおいしくて何度かリピしたものの、ぱったり店頭から消えていたものです。 薄いのですが、歯ごたえがあって、ピリリと明太子が効いていて、夏はシャンパンのお供に最適でした。 今回はのんある気分と一緒にいただいています。 このめんたい天ぷら、コンスタントに入荷してくれればありがたいのですが、どうでしょう。 しかも、デパ地下でも見かけませんし、今のところこのスーパーだけでしか見たことはありません。 日持ちがするのであれば買い置きしたいのですが、残念ながら賞味期限は3日ほどと非常に短いのです。 めんたい天ぷら、あとでまた買ってこようと思います。

2013年12月20日

高校球児を教える元プロ選手

普通は高校生に野球を教えるには高校の先生にならなくてはならないのが以前までのことでしたが、これからは一定の資格を取れば教えることができるようになるみたいですね。これはつまり、もともとプロ野球で活躍していた選手がわざわざ高校の先生の資格を取らなくても、高校球児に野球を教えることができるようになるということですね。

これはかなり画期的なことだと思います。正直監督といっても高校の先生が野球の専門家であることは限らないことを考えると素晴らしいことですね。それに最も伸びるときに専門家で実際にプロの世界でプレーしていた人達から教えてもらえるということは高校生にとっても財産になることですし。

2013年12月19日

パナソニックの工場が

兵庫県にはパナソニックの工場があるみたいだけど、そこはものすごいリストラが行われていたんだそうですね。最盛期は何千人という従業員の人がいたけど、今は数百人規模にまで減ってしまったとか。これはテレビとか家電とかの需要がなくなってきたというよりももっと安いところで作っていかないと利益がでないからだっていう話ですが、そこで働いていた人達のことを思うとすごく残念ですね。 まあ市場経済だから仕方がないといってしまえばそれまでですが、今後はそういったことも考慮して身の振り方を考えないといけないのかも知れません。世間では景気がよくなったとかいっていますが、それが個人的な感覚にまで及ぶことはもしかしたらこないのかも知れないですね。

2013年12月18日

小泉さんの脱原発

小泉さんは脱原発を掲げていますが、今現在の安倍首相はそういう考えではないですね。でも、この小泉さんと安倍さんというのはいわば師弟関係にあるわけですが、どうしてここまで考えの違いがでてしまっているのでしょうか?

まあ、小泉さんは今は現職とはいっても内閣には入っていない状態で特に何を発言しても、それほど責任が生じるものではないですが、逆に安倍さんは首相なわけですから、当然一元一句がそれなりに影響力を持つことになるわけですから、慎重になります。


そんな二人が一度顔を合わせて食事をしたみたいですが、それほど関係が悪化しているわけでもなさそうです。二人のいいたい事はどうやら阿吽の呼吸でわかるみたいですよ。ちなみにですが。

東電病院を巡って

今かなり苦しい状況が続く東京都知事の問題ですが、あの病院の理事長との関係についてかなりあいまいな表現が続きそして、さらには以前言っていたこととの食い違いもたくさんでてきてしまっていることでもう逃げられないような状態になってしまっているのではないだろうかって感じになってきました。


そんな時にでてきたこの東電病院の話ですが、これがまたややこしい。あの金銭の授受とタイミング的にも近くて、外からみれば黒と判断されかねないようなもの。

お金を受け取ってしまった時点で個人的にはもう終了してしまっているような気がするのですが、ここまでくるともうあとは引き際の話のような気がしてきますけどね。

2013年12月17日

クリスマス いつもと違う

我が家の自慢の大きなクリスマスツリーを飾り付けしました。毎年のことながら、飾るのは楽しいけれど、片付けることを考えると憂鬱。でも、子供の喜ぶ顔が見たくて頑張ってしまいますね。そんな可愛い我が子も今年一年生になり、いつものクリスマスがちょっと違ってきました。今までは、「サンタさんに、何お願いするの?」と聞くと、嬉しそうに答えてくれていたのですが、今年は何度聞いても教えてくれません。「誰にも教えない。サンタさんにこっそりお願いするの」と言っています。「どうやってお願いするの?」と聞いても「内緒」と言われてしまい、どうやって探り出そうか悩んでいる今日この頃。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。