« 東芝の不適切会計は経営陣が | ホーム | プエラリアでバストアップを図りたいのは »

2015年7月17日

小泉政務官分かっているね。

自民党が安保法制を無理やりという言葉を使ってもいいような通し方をしたことに対して自民党の政務官である小泉氏が党を批判したみたいですね。

自民党は衆議院で過半数をとっているし、公明党とも連携しているので、へんな話通したい法案があればなんでも通せてしまう状態があるなかで、今回の安保法案は可決されることになりました。

こうしたやり方が良いかと問われれば、まあよくない事は明白です。選挙によって選ばれている人たちが決めたこととはいえ、力で推し進める政治には危機感を覚えますから。

安保法案が必要であるならば、必要である理由をもっと明確にしてみるべきだと思いました。

政治的な話だという事で、言えないこともあるでしょうが、そのギリギリのラインはどこなのか?を見極めてでも理由を明らかにした方がいいと思うんですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/121

コメントする

このブログ記事について

このページは、プッタが2015年7月17日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東芝の不適切会計は経営陣が」です。

次のブログ記事は「プエラリアでバストアップを図りたいのは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。