« わずかな時間も実は大切 | ホーム | 体温を上げると病気も怖くない »

2016年5月20日

予定表のつくり方 

高名な歌人であった窪田空穂氏の言葉がある。ある年の元旦に某新聞に書いた文章です。 

「私は除夜の鐘を聞くと九十歳になる」という書き出しで始まって、「自分の如きものの場合でも、我慢と多少の無理を押さなかったら、何事も為し得なかったと思う」と書かれているのだが、何事も、仕事というものは、おそらくこのようにしてなされるものにちがいない。仕事は十分な準備と周到な用意をもってなすべきですと、普通にはいわれているし、またそのとおりかもしれないが、それは心がまえの問題であっ气実際には窪田氏のいわれているように、多少の無理を押さなければできないものであろう。 

このことは、時間管理についてもあてはまる。『時間の管理学』を書いた小林薫氏も、これを「時間意識化の原則」と名づけ、「時間管理とか時間経営とかは、ただダラリとしていたのではできない。それは、いわば、意識的に合理的にムリをすることです」と述べて。

<p>予定表のつくり方 高名な歌人であった窪田空穂氏の言葉がある。ある年の元旦に某新聞に書いた文章です。 「私は除夜の鐘を聞くと九十歳になる」という書き出しで始まって、「自分の如きものの場合でも、我慢と多少の無理を押さなかったら、何事も為し得なかったと思う」と書かれているのだが、何事も、仕事というものは、おそらくこのようにしてなされるものにちがいない。仕事は十分な準備と周到な用意をもってなすべきですと、普通にはいわれているし、またそのとおりかもしれないが、それは心がまえの問題であっ气実際には窪田氏のいわれているように、多少の無理を押さなければできないものであろう。 このことは、時間管理についてもあてはまる。『時間の管理学』を書いた小林薫氏も、これを「時間意識化の原則」と名づけ、「時間管理とか時間経営とかは、ただダラリとしていたのではできない。それは、いわば、意識的に合理的にムリをすることです」と述べて。</p>予定表のつくり方 高名な歌人であった窪田空穂氏の言葉がある。ある年の元旦に某新聞に書いた文章です。 「私は除夜の鐘を聞くと九十歳になる」という書き出しで始まって、「自分の如きものの場合でも、我慢と多少の無理を押さなかったら、何事も為し得なかったと思う」と書かれているのだが、何事も、仕事というものは、おそらくこのようにしてなされるものにちがいない。仕事は十分な準備と周到な用意をもってなすべきですと、普通にはいわれているし、またそのとおりかもしれないが、それは心がまえの問題であっ气実際には窪田氏のいわれているように、多少の無理を押さなければできないものであろう。 このことは、時間管理についてもあてはまる。『時間の管理学』を書いた小林薫氏も、これを「時間意識化の原則」と名づけ、「時間管理とか時間経営とかは、ただダラリとしていたのではできない。それは、いわば、意識的に合理的にムリをすることです」と述べて。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/148

コメントする