« 大分の名産品 | ホーム | 部屋のお掃除 »

2016年8月31日

爪水虫薬の選び方とクリアネイルショット

爪水虫はなぜか毎年なってしまいます。会社勤めで靴を履きっぱなしのせいもあるでしょう。

最近の夏は高温多湿なので菌の温床になってしまうのも仕方がないことですね。別に女性がなっても恥ずかしいことではないと思います。


爪水虫は自然治癒するものではないので菌のタイプに合った治療薬を使います。


水虫薬の成分の種類は塩酸テルビナフィン、塩酸ブテナフィン、塩酸アモロルフィン、ラコナゾールです。


私は塩酸テルビナフィン配合のダマリングランデを選んで使ってみました。

幸い、1週間ほどでかゆみが楽になりました。水虫薬は効果がないと思ったら、キッパリと違う成分の薬にスイッチしないといけないそうです。

例えば同じダマリンシリーズでも商品によって成分が違うのがあります。逆に、違うシリーズでも効果がなかった成分と同じ成分の薬を選んでしまったら、残念ながら効果がないんです。


私はラッキーなことに効果のある薬を選んだのですが、かゆみがなくなっても1ヶ月は使い続けます。菌の活動を完全に抑えるためです。これが実は難しいし、治らない原因なんですよね。かゆくないと人間、薬を塗り忘れてしまうので。


そして、そのラッキーな効果のある、というのがクリアネイルショットなんです。殺菌作用の高さからいって、自分でいうのもなんですが、クリアネイルショットはおすすめです。

クリアネイルショットの効果は嘘?口コミと楽天、アマゾンの通販事情にもある通り、成分がグッドです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/158

コメントする