« ひとまず、ごはんを作って落ち着こう | ホーム | お肉をもらいました! »

2016年10月22日

エンドレスひじき煮

家族が好きなお惣菜「ひじき煮」


作るときはかなり大量に作ります。


一日目はそのまま「ひじき煮」として食卓へ出しますし、家族みな喜んで食べてくれますが
二日目には「また~?」と言われることは分かっているので、形を変えて出します。


例えば、ひじき煮入りの玉子焼き。具沢山でかなり食べごたえのある一品になり、そこそこ好評です。


また、挽き肉に混ぜてハンバーグにも。


鶏挽き肉に混ぜて、ひじき煮入りつくねハンバーグや、半量を豆腐にかえて低カロリーでヘルシーな豆腐ハンバーグにも変身します。
ちゃんとメインのおかずになるところが凄いと思いませんか?ひじき煮おそるべしです。


それでもまだひじき煮が残っているときは、使いかけの豆腐(半丁残っていれば大丈夫)を混ぜちゃいます。


片栗粉や卵も加えて...なんと「がんもどき」ができてしまうのです。


油であげれば、中はフワフワ外はカリッとした絶品がんものできあがり!


リメイクの神!ひじき煮の家計お助けレシピのご紹介でした~。


ただ、ひじきってヒ素が入っている疑いのものもあるので、食べる時はちゃんと生産地とかを確認した方がよさそうです。
http://www.fsc.go.jp/fsciis/questionAndAnswer/show/mob07009000005

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/166

コメントする