« 地方公務員試験の合格がぞくそくと発表される | ホーム | マイナンバー制度の目的とは?社会保障と税の一体改革。 »

2015年9月 3日

保険会社の買収がよく騒がれていますが

このところ保険会社の買収劇がよくネット上なでどでも騒がれていますが、ただ単純に保険料収入を上積みしたという考えのもとにする保険会社の買収は必ずと言ってもいいほど、失敗すると思います。

なぜ、そう言い切れるかというと、そもそも会社を買収するというのは、何かしらのシナジー効果が期待できるときに行うものだからです。

それ以外の買収というのは、ただ単純に決算書に上がってくる数字が2社分になったということ。

株主の視点から考えても、一株当たりの利益が特に増えるわけもなく、あまり意味があるとは言えません。

もちろん、販路を拡大するためになどであれば分かりますが、それであれば事業提携という形で十分だと思います。

それに自分たちだけで今後も成長していける企業がそう簡単に買収提案を受け入れるとも言い難いですしね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/127

コメントする