« マイナンバー制度の目的とは?社会保障と税の一体改革。 | ホーム | 脇汗パットはどこに貼る? »

2015年9月23日

黒豆ポリフェノールは血糖値、悪玉コレステロール、中性脂肪に効果的。

内臓の間にたまる内臓脂肪は血糖値、悪玉コレステロール、中性脂肪を上昇させてしまう結果となる非常に厄介な存在です。

内臓脂肪はインスリンの効き具合を悪くしてしまうので、高血糖がだんだんと悪化してしまうんですね。

高血糖っていうのは、体のエネルギーのもととなるブドウ糖を上手に使われていないことを意味していますが、この時に大事なのは、体内では増えてしまった中性脂肪を分解しようとして酸が作られます。

ですが、この酸はインスリンの働きを邪魔してしまう性質があるので、病気の悪循環が始まってしまうわけです。

この厄介な状態の対策として評価されているのが黒豆です。

黒豆を食べることによって摂取できる黒豆ポリフェノールは脂肪組織お熱産生を助け、脂肪の燃焼を促すと考えられています。

内臓脂肪が気になるひとはいつもの食事のなかに黒豆をプラスしてみるのはいい事かも知れないですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/129

コメントする