« 水分が溜まらないようにするためには。 | ホーム | 体を動かしながら考える »

2016年6月24日

夏は自律神経のうちの「リラックスの神経」といわれる副交感神経が働きやすくなります。

血管が拡張する、心臓の力も落ちてきて、脈拍も遅くなります。

こうした状態から、冬に近づくにつれて、「緊張の神経」といわれる交感神経がはたらく時期に変化していきます。

血圧が上がり、脈拍も増え、体温も上がってきてます。 

秋はそんな体の機能が切り替わる時期と言えますが この切り替わりがうまくいかない場合があります。

秋は長雨になったり、秋晴れになったりと気候が不安定で、交感神経、副交感神経のバランスが悪くなる事が多いです。 

ですので、自立神経の失調症の症状である便秘、下痢、動悸息切れ、が起きやすくなります。 

 

夏の暑さ疲れ・冷房や水分の摂りすぎでの体の冷え・季節の変わり目の自律神経失調症の三つが、秋の体調維持に影響しています。 

 

対策としては、秋から冬に向かって体は進んでいるのですから、スムーズに冬の体に移行させること。 

 

もちろん、ポイントは交感神経を緊張させることです。 

 

交感神経を緊張させるために良いのは運動です。

 

しかも、簡単にできるものというよりは少し体に負荷がかかるぐらいの。

 

たとえば、ダンベル運動や山登り、テニスなどを短時間するのも良いかも知れません。 

 

また、お風呂もぬるめよりも、熱めのお湯で短時間入る。これが交感神経を緊張させるには効果的です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/151

コメントする