美容とスキンケアの話の最近のブログ記事

2016年3月28日

皮膚の働きっていうのを考えた事はあるでしょうか?

皮膚にはいろんな働きがありますが、まず第一には外からの刺激に対して体を守っているというのがあります。

また、いつも刺激を受けていると、角層が厚くなってしまい、硬くなります。

踵(かかと)が固くなった事がある経験はないでしょうか?

角層だけでなくて、真皮のコラーゲンやエラスチンは互いに絡まり合い、皮膚の弾力性を保っていますが、さらに下の皮下脂肪は外側からの力が体の内部に及ばないようにクッションの役割をはたしています。

アルカリ性の刺激に対しても、角層の乳酸や脂肪酸で中和をし、常に弱酸性になるようになっています。

酸素に加えて、紫外線、排気ガス、粉じんなどが原因でできる活性酸素やフリーラジカルが皮膚に酸化ストレスを与えていますし、炎症反応などでも活性酸素が発生するので、これらの取り除くための酸素や抗酸化物質なども存在しています。

様々なは働きがある皮膚ですが、最も大事な機能としては、こうした外部刺激から体を守ってくれているというのが最も優先されるべき機能だという事が言えますね。

2016年3月 8日

敏感肌の肌トラブルには保湿や心身の健康が

敏感肌であれば、化粧品をいろりろ試してみたい、誰でも思うことだとおみますが、かゆみ・かぶれなどの肌トラブルを可能性が高くなることがあります。

サッポー美肌塾 | サッポーの"肌が育つスキンケア"総合サイト

敏感肌は適したケアを続けて肌の乾燥をなくし、それによって肌のバリア機能を少しずつ回復させて、だんだんと普通肌をに戻るようにしていく努力が必要になってきます。

基本的には、乾燥肌の人たちと同じように、保湿をまずは重点を置いたケアが大事になります。

保湿ケアで赤身がでた、かゆみが生じたなど何か肌に異常がでたという兆候があった場合は、すぐに病院にいくべきでしょう。

敏感肌はすぐに治るものではないかもしれないですが、余計な刺激を与えないようにケアを続けていくことによってケアしていきましょう。

また、突然敏感肌になってしまって、という時にはまずは原因を考えてみましょう。

体調の問題があったり、疲れが溜まってしまったり、ストレスなどなど。

スキンケアのことを考えると同時に心身の健康にも意識を向けてみるのをおすすめします。

肌のターンオーバーを回復させえためには、十分な睡眠や入浴時にリラックスすることなどなどが大切です。

月経前に敏感肌になりやすい人は体を温めるようにして、ストレスができるだけたまらないように生活を送るのも大切です。

2016年2月15日

ポイントメイクを落とす

口紅やアイメイクはクレンジング剤だけでは落ちにくいですよね。ましてや洗顔では全然落ちない。

そんなときにはクレンジングをする前にポイントメイク用のリムーバーを使ってあらかじめ落としておきましょう。

コットンに含ませて使うのが普通ですが、持ち運びに便利なシートタイプのものもあります。

今はリムーバーはローション、ジェル、ムースやオイルなど様々なタイプがあります。

使用感もそれぞれで自分のメイク落としに合ったものを選ぶのがいいと思います。

さて、このリムーバーを使う際にはちょっとした注意事項があるのです。

リムーバーはクレンジング力が強いですが、その強さは界面活性剤が多く配合されているからこそ。

当然その分肌への刺激、負担は大きくなりますので、リムーバーを使う際には、短時間でサッと落として、できるだけ肌への負担を和らげるのがセオリーです。

完全に落ちないからといって、ゴシゴシとこすったり、時間をかけてしまえば、それだけ肌への刺激になり、たるみやシワの原因にもなりかねません。

ある程度ザッと落として、もしまだメイクが残っているようでしたら、リムーバーに浸した綿棒の先でなぞるようにしてメイクを落とすといいですよ。

2016年1月14日

海洋深層水の化粧品は50代女性にとってはうれしい美容効果あり!

50代にもなると、シミやシワ、それにくすみがでてきて年齢肌を感じずにはいられなくなってしまいますが、そんな年齢肌対策として知られているのが海洋深層水を使った化粧品です。

海洋深層水の化粧品は【効果なし?】通販で購入して大失敗に※


高い美容効果の理由はその豊富なミネラルにありますが、ミネラルをたっぷりと含んだ化粧品というのは、肌の新陳代謝を促進し、シミやシワ、くすみの改善に効果的と、実際に使用した人たちかたも高い評価を得ています。

これほどの高い美容効果がありながら、実はまだあまり使っている人は多くなく、使用している人は少数派なのですが、その理由としてはやはりちょっと価格的な問題があるんですね。

ドラッグストアで販売されているような化粧品はそれこそ高くても2,000円ぐらいのものが平均的なところだと思いますが、海洋深層水を使った化粧品はそれこそライン使いをすると、1ヶ月で10000円近くしてしまうものもあります。

これではなかなか手が届かない人が多いのうなずけますが、もう少し安く作ってくれるメーカーがあれば、海洋深層水の化粧品もきっともっと普及することになると思うんですけどね。

2015年12月 6日

アテニアアイエクストラセラムにリフトアップ効果はあるか?

目元にハリがなくなり、たるみがでてきてしまった時に何をするべきか?って言われるとやっぱりリフトアップですが、リフトアップする方法としてはいくつかありますよね。

一つは表情筋などの顔の筋肉を動かして、ハリをだすことによってたるみを解消するっていう。

確かに、毎日すれば一定の効果はあるかも知れないですが、実際のところ、毎日顔のストレッチをすることがみんなできているか?っていうとそうでもないと思います。

もう一つはやっぱり化粧品になってきますが、おすすめなのは最近アテニアから出されたアイエクストラセラム。

http://www.gram-se.com/


保湿ケアは当然ですが、下がってきたまぶた、目の下に対して弾力を持たせる成分を配合しているので、使い続ければ、結構効果的だと思いますよ。

まあ、即効性があるかって言われると、それは「ない」という回答になってしまいますが、今後のことを考えれば、コツコツとケアしていくことで、見た目年齢もかなり下げることができるようになると思います。

2015年11月30日

ロスミンローヤルってシミには効果あるの???

ロスミンローヤルは小じわに対しては医薬品として、効果が認められる成分が配合されているのですが、実はこの商品を購入を検討している人からすれば、実はシミに対しての美白効果を期待している人の方がおおかったりするみたいなんです。

ただ、ここで絶対にあらかじめ知るべきことがあるんですが、それって知っていますか?

たぶん、あんまりそんな事を気にせずに、とりあえずロスミンローヤルはシミにも効果があるのかな?って思うぐらいの人の方がたくさんいると思うのですが、実はシミってこうした服用タイプのものや化粧品でケアできるものとそうでないものがあるんですね。

もっと、いうと美容整形のレーザーなんかで消せないと消えないものもあるっていうことなんです。

レーザーでしか消すことができないシミをいくら服用タイプのものや化粧品でケアしようとしてもダメなんですよね。

この点はロスミンローヤルの購入を検討しているのであれば、まずはチェックするようにしておきましょう。

長く飲み続ければいい、っていうものではないですからシミのための医薬品って。

2015年10月22日

天然保湿因子は

角質細胞の中にある人の体が備えている保湿成分で、表皮細胞が角化するプロセスで、細胞のなかに作りだされます。

天然保湿因子の主な成分はアミノ酸、乳酸、尿素、それにピロリドンカルボン酸などの水溶性の物質で、いずれも水分を維持する能力があります。

肌の角化がスムーズにいっていないばあい、天然保湿因子はしっかりと作られないために、角質層は水分をつなぎとめておくことはできなくなってしまいます。

肌は乾燥し始めてしまうんですね。

天然保湿因子は気温が下がると、その保湿力は低下してきてしまいます。

寒い時期は空気が乾燥し、保湿力も発揮することができないということですね。

2015年10月20日

ロスミンローヤルには激安価格を求めない。なぜなら・・・

ロスミンローヤルは女性用の保険薬で、体の内側からシミ、それにそばかすをケアして、さらに小じわまで改善してくれるという優れものとして知られているようですが、じゃあ本当に多くのシミやそばかす、それに小じわに悩んでいる人がこぞってロスミンローヤルを使用しているかといえば、実はそうではないんですね。

その理由としては、やはり価格がかなり高めに設定されている事が理由でしょう。

生薬が入って、さらに美容成分も効果効能が正式に認められているものばかりが配合されているので、それなり高くなるのは仕方のないことだと思いますが、それでもやっぱり毎月かかると思うと、ちょっと厳しいな、って思っている人がたくさんいるのが現状です。

ただ、逆にいえば、これだけの効果効能が認められているものはどうしても高くなってしまうもの。

だから、あんまり激安価格を求めないように、自分に言い聞かせるのも大事なことかも知れないですね。

だって良い商品を作ろうと思えば、それなりに値段はするものだし。

激安価格の化粧品類は結局はそれなりのものだったりしますからね。

2015年7月25日

プエラリアでバストアップを図りたいのは

バストがもっとあればいいな、って思う女性はたくさんいますね。

バストの話をするのは若い女性だけとおもわれがちかも知れないですが、実は30代になってもバストアップをしたいと思っている女性はたくさんいるんだそうです。

どれぐらいまで欲しいのかといわれると、だいたい谷間がはっきりとなるまで、という事でだいたいCカップぐらいはほしいと思っているみたいですね。

胸だけで女性の価値は決まる、という事はもちろんないですが、バストが小さいと感じている人からすればこれはまさにコンプレックスの一種という事ができるかも知れません。

プエラリアがこのごろネット上でもすごく人気がでているのはこうした若い女性だけでなくて、むしろ熟年女性であってもバストアップをはかりたいというニーズがあるからなんだと思いいます。

2015年4月23日

乳液でフタは意味がない?

肌を保湿するためには、化粧水でうるおいを持たせたあとに乳液でフタをすることがとても大事だ、みたいな事が言われることがありますが、それは必ずしも正解とは言えないことをあなたは知っていますでしょうか?

乳液はほとんどのものが水分80%、油分20%ぐらいになっていますが、そもそも水分の方が圧倒的に多いことから、水分を閉じ込めるということはできないんです。

どちらかというと、塗った水分が蒸発してしまいあまり意味がないということが多いぐらいです。

では、どうすれば水分を肌に維持することができるのでしょうか?それは、水分を捕まえて離さない成分を取り入れることです。