« ロスミンローヤルには激安価格を求めない。なぜなら・・・ | ホーム | 不起訴不当は当然でしょ。ってかなんで・・・ »

2015年10月22日

天然保湿因子は

角質細胞の中にある人の体が備えている保湿成分で、表皮細胞が角化するプロセスで、細胞のなかに作りだされます。

天然保湿因子の主な成分はアミノ酸、乳酸、尿素、それにピロリドンカルボン酸などの水溶性の物質で、いずれも水分を維持する能力があります。

肌の角化がスムーズにいっていないばあい、天然保湿因子はしっかりと作られないために、角質層は水分をつなぎとめておくことはできなくなってしまいます。

肌は乾燥し始めてしまうんですね。

天然保湿因子は気温が下がると、その保湿力は低下してきてしまいます。

寒い時期は空気が乾燥し、保湿力も発揮することができないということですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cbs-123.com/mt-tb.cgi/134

コメントする